歌手のオーディション

歌手になりたいという人たちも大変多くいます。
現在、歌手の総数は、昔以上増えたのかもしれませんが、その中には売れない歌手もいるのは事実です。
自分は、歌が上手いと自己アピールするものの、歌が上手いと言うのならわんさと他にもライバルがおり、あなたが特別に選ばれる理由と言うものがこれといって見あたらなかったりします。
オーディションを受ける隣りの人とは、実際にそれ程違うということではありません。
今、審査の現状は、スーパーマーケットのようなものかもしれません。そこには似た食材が一杯並んでいます。

しかし、必ずその中からお肉をひとつ消費者が買うように、審査員が選ぶのが審査です。
ほとんど同じと言ってもいい材料の中から、審査員ならでは着眼点をつけて、一人を選別して来ます。
お肉なら若干こっちの肉の方が大きくてお得に見えたり、赤みがかってみえる、鮮度がよく見えるという感じでしょうか。

歌手も時代が昔とはちょっと変わってしまったようです。
スーパーマーケットに商品が一個しかなければ、間違いなく消費者はそれを購入しなければ飢え死にする訳ですが、こうもスーパーマーケットに商品が並んでしまえば、もう歌手が売ろうとする時代ではなく、審査員が選ぶ時代が来てしまったのです。
その時、私達は、敢えてどのような方法で審査員に選ばれるかということをよく考えてみましょう。しかしこの現代において歌手になりたいみなさんにアドバイスがあります。
それを次でお話ししましょう。



★関連サイト
子役や俳優志望の方のオーディションを開催しています …… オーディション 子役